手作りリングピロー

オリジナリティあふれるリングピローの作り方

結婚式の時に、指輪の交換まで結婚指輪を置いておく小さなクッションをリングピローといいます。
最近では、手作りのリングピローを用意するカップルも増えています。
その作り方は、以下の通りです。
まずは、クッションにするための布、中に詰める綿などとリボンやレースや花など飾りを準備します。
布は自分の式のイメージに合わせて選ぶと良いでしょう。
次にピローの大きさを決め、四角やハート、円など好きな形に、作りたいサイズより一回り大きい大きさで布を切っていきます。
布を縫い合わせて、綿などの詰め物を入れ、ピローの土台が出来上がったあとは、飾り付けを行います。
クッションの端にレースをつけたり、リボンをつけたりと、工夫次第でオリジナリティを出すことができます。
その他にもかごに入れるタイプのリングピローもありますが、これを手作りする場合はかごから出ないサイズに調節しながらクッションを作成していきます。
手作りのピローは、挙式後にインテリアとして使うこともできます。

一生の思い出にリングピローの作り方

人生の大きなイベントとなるウェディング。
いたる所に映る二人のこだわりが式を盛り上げてくれます。
様々なアイテムを選ぶのはもちろんですが、一生の思い出にと何かを手作りしたいと思う人も少なくありません。
花嫁の頭を飾るティアラやブーケも手作りできますが、初心者にも簡単にできるのが二人の指輪をのせるクッションになるリングピロー。
決まった形式などにとらわれることもなく、作り方はいたって簡単です。
ウェディングドレス同様に白が基本で、二つの指輪がうまく収まるように軽いクッションを入れるなどしますが、その他は好みに応じて作ることができます。
大きさはA5サイズから少なくともA6ぐらいに収めれば見栄えもよく、安定感も損なわれません。
形も様々で、長方形や四角形なら四辺を縫い合わせて軽いクッションを詰めて閉じるだけです。
生地を光沢のあるサテンやシルクにしたり、周辺にレースをあしらえば、さらに華やかさが生まれます。
指輪がのせやすいようにくぼみをつければ、運び係となるリングボーイやリングガールが落としてしまうこともありません。

注目サイト

Last update:2017/3/2